ciaoxの日記

面倒くさがり屋が日々の生活、子育て、仕事、感じたこと、思ったことを不定期に綴るブログです。

子連れハワイ

もう本当に思い付きで、先々週くらいに手配して、夫と6ヶ月の娘とハワイに行ってきました。

元々大の旅行好きだったので、妊娠してからはしばらく旅行はお預けだね〜と会う人会う人に言われてました。
が、何人かの先輩ママさんたちからは、行くなら離乳食始まる前がいいよ〜とか、今思えば歩き出す前なら行けたな〜という話を聞いていたのと、GWの帰省で飛行機を体験して大丈夫そうだったので、えいや!と勢いで予約しました。

行きの飛行機は夜便で、乗る前からぐっすり寝てた娘さん。バシネットに乗せてもぐっすりだったけど、狭くて寝返りが出来ずに起きてふぇーん、っていうのが一時間ごとにありました。寝言泣きみたいな感じなので家なら背中トントンでそのままふぇふぇ言いながらまた寝るのですが、近くの席の方の視線を感じてそういう訳にいかず、毎回抱き上げてギャレーに移動して寝付くまでユラユラするのが大変でした。夫は仕事終わりだったのでぐっすりだし。まぁそれは覚悟の上です。でもギャン泣きどころか中くらいのぐずりもなかったのでとりあえず安心。それでもうるさいと感じた周りの方は…ごめんなさい。

帰りは昼便なので、皆映画観たりするので娘も起きてる時間が結構ありましたが周りもニコニコ遊ぶ娘を微笑ましく見てくれてたと思います。
行きも帰りも昼便なら楽勝かも?と次の旅行のヒントも得られました。

ホテルはキッチン付きのところにしました。古いところだったけど、離乳食とか哺乳瓶とか、準備したり洗ったり、何かと便利でした。自分たちのごはんは結局作らなかったけど笑
だから離乳食とかミルク作るくらいならキッチンなしでも大丈夫は大丈夫。同じ値段ならある方がいいなぁくらい。

主にうろうろしたワイキキとアラモアナではベビーカーやら同じくらいの赤ちゃんがウヨウヨ。人は多いけど東京みたいにベビーカーをジロリと見る人もいないしかなり過ごしやすい。段差にはだいたいスロープあるし、エレベーターもあちこちあるし。レストランも、そんなにいいところには行ってないけど、ベビーカーで入れる席を案内してくれた。

日本みたいに設備の整った授乳室はないけど、アラモアナのデパートとか、DFSとかのソファで授乳できるし、私はトイレで授乳も抵抗ないので遠出した時はそんな感じでした。完全ミルクだとお湯とか大変かもだけど、うちは混合なのでとりあえず一回分の用意とお湯をもってっといて、あとはこまめに母乳あげてました。

他にも書きたいこといっぱいあるけど長くなったのでこの辺で。
大変だったけど行ってよかった!本当に楽しかった!毎年行って娘と出来ることをいっぱい増やしていきたい!と思いました。